カテゴリー: 漫画の専門学校

漫画の専門学校のオープンキャンパスって行ったほうが良いの?

漫画の専門学校のオープンキャンパスって行ったほうが良いの?

オープンキャンパス、これ専門学校や大学で催しているアある種のデモンストレーションです。

その学校を紹介するのに、これほどいい機会はありません。

なので近年盛んに催されています。

漫画の専門学校でもこのオープンキャンパス、かなり頻繁に行われていますね。

何によらず見て感じて触っては大事

通販などで便利にものが購入できるようになり、その品物に触れずに購入という形、多くなりました。

しかし実際に何かを購入する時など、やはり実際に見てその品物に触って感触も実感、そして購入したいと考える人は今でも多いのです。

学校なども同じことですね。

考えてみればネットなどで、簡単に情報が取れる時代です。

特にその学校に行って見て回る必要など内容にも思えます。

しかし特に学校の場合、そこに入学したら卒業までお世話になるわけですし、そこの機材を使って学ぶことにもなります。

そこの教師いかんで、学校生活が楽しくもなりますし、ちょっといささかになることもあります。

やはり自分の目で見て、というのは大事ですね。

ネットの文字や写真だけでは、その空気は感じられません。

いい学校とか施設の場合、そこに行っただけで気持ちも良くなる、施設内の空気が良いというのも感じられるのです。

できれば実際に行ってみたいものですね。

特に漫画の専門学校の場合

もちろんその学校でも同じことですが、漫画の専門学校のような特殊技術職になりたくての学校入学の場合、設備などは自分の目で見ておきたいものです。

特に漫画など最近デジタル化が著しく、しかもソフトもどんどんと新しいものがでています。

独学だけでは追いつけない最新技術、これを導入してくれる学校を、どうせ入学するなら選びたいものです。

そういった気風がきちんとある学校なのかどうか、文字だけでなく自分自身で確認したいですよね。

なので漫画の専門学校などの場合特に、オープンキャンパス参加はおすすめなのです。

単にウロウロするだけでなく、何かの目的を持っていけばかなり入学前のその学校の情報を得ることが出来ます。

例えば、学校の備品のコンピューターに最新のソフトがインストールされているかも、これも確認しておきたいですね。

また当日に顔を合わせる在学生たちの雰囲気、これも大事です。

気持ちよく学べている場合、学内の雰囲気がやはり明るく良いものになっています。

そうでない場合は、まあ逆になっているということです。

こうしたことは単に学校案内だけでは受け取れないものです。

近くにお目当ての漫画の専門学校があった場合、ぜひオープンキャンパスに参加しておきたいですね。

地方の場合も、学校によっては参加に交通費補助など出る場合もありますので、学校側に問い合わせてみて下さい。

どんなところが目の付け所オープンキャンパス

ではオープンキャンパス参加の場合、ここは抑えておきたいというところを見てみましょう。

AOエントリーがあったらまず参加を

AO入試を導入している学校の場合、エントリーフォームなどをオープンキャンパスの時に受けることが出来ます。

AO入試での入学の場合、特典が多いのでこれはぜひ受け取っておきたいですね。

この学校良いんじゃない、と思ったらまずこれをゲットしておきましょう。

入試から入学、場合によっては在学中にも大きな特典が付く可能性があります。

体験授業は参加しておこう

まあこの体験授業は、普段の授業と完全に同じなのかはちょっと疑問ですね。

やはり特殊な、入学するかもしれないと言うお客さんを相手にしているので、普段の授業と完全に同じという保証はありません。

でもその学校での授業の雰囲気は味わえますし、コンピューターに最新のソフトが入っているかもわかります。

授業で使える機材も確認できますね。

入試や学費の説明会も参加を

楽しみに来たのにお固い話は、と思ってしまうかもしれませんがこれは大事です。

入試の費用にしても、授業料にしても親がかりの場合、ここをしっかりと抑えておいて親にも説明する必要があります。

またAO入試制度の説明や、入試内容に願書の書き方などの説明もしてもらえます。

願書書くのなんて初めてと言う人は、参加しておくのがおすすめです。

もし親も参加できるオープンキャンパスなら

学校によっては親の参加も歓迎というオープンキャンパスもあります。

そういった場合、保護者連れなんてと言わずに、一緒に参加してみて下さい。

実際のところ親がスポンサーの場合、こうした学校なんだから安心して学べる、授業料を出してもらうだけの授業が用意されていると説明出来るチャンスです。

自力での授業料支払いの場合はまあ特に親を連れてくる必要もないでしょうが、スポンサーとしての親には納得してお金を出して欲しいものですね。

親の参加歓迎のオープンキャンパスがあったら、是非一緒に参加しましょう。

まとめ

漫画の専門学校というのは、本当に特殊技能を学ぶための学校です。

なので専門の機材なども必要になってきます。

そうした所もチェックが出来るオープンキャンパスは、事前に参加しておくのがおすすめです。

学校の雰囲気を掴むだけでも、参加する意味が充分にあるのです。

何にでもあることだけど漫画の専門学校でのあるあるってある?

何にでもあることだけど漫画の専門学校でのあるあるってある?

あるあるっていうこと、どんな世界にもあることです。

実際このあるある、世界が違っても共通していることも多いので面白いのですが、漫画の専門学校でもこのあるあるってあるのでしょうか。

実際に通った人の意見をまとめてみました。

漫画の専門学校だけじゃないあるある

もちろんこのあるある、漫画の専門学校だけでなくどこの世界にもあるものです。

世界だけではなく例えば、スモーカーというひとくくりにした人たちの中でも、あるあるがあります。

自分自身にだけにでも、あるあるを見つけることも出来ます。

しかし漫画の専門学校、これはある意味特殊な場所です。

それこそ専門的な技術やセンスを学ぶ場所です。

ということは、あるあるも、結構面白いものが集まっているはずですね。

実際に漫画の専門学校に通っていた人のあるあるをまとめてみました。

かなり数が多い漫画の専門学校のあるある

これ実はかなり数が多いのです。

また一つのあるあるから、多くが発生したりもしますので、ほとんど笑い話のあるあるがひしめいています。

中でも面白い、しかもポピュラーなあるあるを紹介しますね。

やたら絵のうまい学生と下手な学生が混在している

もちろん絵を学ぶのは、専門学校での基本中の基本です。

なので完全素人の初心者も多く入学してきます。

でもそれだけではなく、実際にコンクールなどで入賞したことはなくても、昔から独学で描いてきた人もいるわけです。

これがどこの漫画の専門学校でも、あるあるの代表です。

面白いし不思議なのは、中間の学生、そこそこ描けているような感じ、と言う人が少ないんですね。

下手と上手がかっちり分かれて存在するのが、漫画の専門学校でのあるあるです。

付け加えれば、漫画はうまいのにストーリーが駄目とか、ストーリーは面白いのに絵が駄目とかの人達がいるというのも、かなり多いあるあるですね。

きっと存在するだろうと思っていたらやはり

漫画やアニメ、ゲームの世界にはオタクと呼ばれる人種が存在しています。

殆どのオタクの場合、好きな漫画家のファンであったりするだけで満足していますし、自分で好きな漫画のサイトを作って楽しんでいたりします。

でも好きが高じると、自分もやってみたいと思うのはある意味当然です。

結果、自分でも漫画を描いてみたいと思うオタクの皆さんが、それでも何の経験もないので専門学校に入学してくるんですね。

なのでいざ入学してみると、かなりのオタクが多いというのも、これもあるあるです。

もちろん漫画を描いている、漫画を描いていこうとする時点で、これもオタクの一種になりますが、それ以上のオタクがいるのに驚く人も多いのです。

講師のアドバイスが時に的確すぎる

有名な漫画家を招いての授業などももちろんありますが、普段は専任の講師が授業を行ってくれます。

実際講師の人たちも、かなりの技術を持っているわけですから、漫画家としての腕も持っていることは事実です。

でも名前を聞いたことがないなあとか、どっかの雑誌で見た名前かも、と言う人が多いのもこれも事実です。

言い方は悪いですが、漫画の収入だけではいささかきついので、講師の仕事をしている人もいるということなんですね。

漫画家目指している人は、星の数ほどいます。

全員が漫画で食べていけるとは限らないのです。

なのでこうした講師の皆さんは、非常にリアルで的確な意見を言ってくれます。

漫画家になるのは甘いもんじゃない、と言う台詞が本当に学生の心に染み込んでくる、あるあるなのです。

ふと気がついたら半年くらいで

入学した時には夢中で授業を受けて、ふと気がついたらもう半年位も経った、と周りを見渡してみたらクラスメイトの数が大幅に減っていたというのも、あるあるです。

これも漫画の専門学校に限ったことではないですね。

義務教育以外だと入学後に、こんなはずじゃなかったと思えば、行くのを止めることが出来るのです。

特に漫画の世界の場合、この程度の技術しか教えてくれないのかと残念に思った時に、サクッと止めてしまう人もいるのですね。

逆に、こんなに上手い人がいっぱいいるのに、自分なんかこれじゃあどうにも、とがっくり来て止めてしまう人もいるのです。

まあ半年というのは、大体が夏休み以降です。

夏休み中に気持ちの変化もあるでしょうし、他に気を引かれることもあったかもしれません、そこを境にぐっと人数が減ってしまうというのは、特に漫画の専門学校では顕著ですね。

一番のあるあるがこれ

もっとたくさんのあるあるが、実際に通った人にはあるのですが、最大のあるあるを紹介しましょう。

それは、漫画の専門学校に入って勉強して卒業すれば漫画間になれる、と確信している人が結構多いというあるあるです。

実際には、専門学校を出てその希望の職業に付ける人というのは少ないのですね。

加えて在学中にかなり頑張って自分磨きと、関係者への顔売り、描けるだけの漫画を描いての投稿などしておかない場合、まず芽が出ないと言って過言ではありません。

漫画の専門学校を出てすぐプロの漫画家になれる、と思っているあるあるを信じている人は、その楽観を捨てることをおすすめしたいです。

まとめ

漫画の専門学校のあるあるは、まあ他の世界でも同じものがありそうですね。

でも特に絵の描き方やストーリーの作り方など、ある程度のセンスが必要となる職業です。

加えて他の世界の人から見れば、オタクが多いというのも事実です。

そのあたり、ちょっと違ったあるあるも結構あるのですよ。

社会人でも通える!土日・夜間コースのあるおすすめの漫画専門学校4選

社会人でも通える!土日・夜間コースのあるおすすめの漫画専門学校4選

社会人になっても、「漫画家の夢を諦めきれない」「漫画の勉強をしてみたい」と思っている方は多いのではないでしょうか。

そんな時に、漫画の専門学校に興味を持つ方も多いかと思います。

そこでここでは、社会人でも通える漫画家の専門学校をご紹介します。

社会人におすすめの漫画の専門学校4選

社会人を続けながら、漫画の勉強をするのは難しいですよね。

しかし、社会人でも平日の夜の時間帯や、土日などの時間を利用して本格的に漫画を学べる専門学校がいくつか存在しています。

ここからは、土日・夜間に学ぶことができるだけでなく、漫画家になるためにしっかりと技術を学ぶことができる専門学校を4校ご紹介していきます。

ヒューマンアカデミー漫画家養成講座

ヒューマンアカデミーの漫画家養成講座なら、夜間・土日の時間帯に週に1回3時間?通学が可能なので、仕事を続けながら漫画家を目指すことができます。

どうしても講座の時間に間に合わない場合には、通信講座も用意されています。

漫画家養成講座は、全国15カ所に校舎がありますので、転勤などにも対応可能で安心です。

講座の中では、漫画を作るまでに必要なスキルをしっかり学ぶことができます。

ネームの作り方から、コマの割り方などのテクニックを学ぶことができ、現役の漫画家から実際に指導を受けられるので、効率よく漫画家を目指すことができます。

日本マンガ芸術学院[ニチマ]

名古屋市にある漫画家を目指せる専門学校です。

中部地方で、社会人を続けながら漫画家を目指したい方にはおすすめのコースで、18時から学校が開放されており、19時から授業が始まります。

漫画の基本的な描き方を学べるのはもちろん、自分の作品を持ち込んでアドバイスをもらうことも可能です。

この専門学校では、広く浅く学ぶのではなく、それぞれの人の目標に合わせてスキルを習得できるところが魅力の一つだといえます。

週1回40回で1年コースが設けられており、中部地方で本格的に漫画を学ぶなら、二チマとも言われています。

授業では、ペンの使い方、ネーム実習、年齢の描き分け、トーンフラッシュなど、漫画をつくるのに欠かせない技術をしっかりと学ぶことが可能です。

漫画の専門学校amps

東京都の中野にある漫画を安い費用で学べるところが魅力の漫画専門学校です。

漫画を学べるコースがいくつか用意されており、それぞれのライフスタイルや目的に合わせてコースを選べるのもampsの魅力だと言えるでしょう。

マンガ専科は、プロの漫画家としてデビューを目指して本格的に2年間で学ぶコースとなります。

週に3日のみの授業ですので、アルバイトなどをしながら学校でしっかりと学ぶことができるコースです。

それぞれの曜日によって、学ぶ内容が違っており、1年目の火曜日はデッサン、木曜日は、キャラ・背景・マンガ技法基礎、金曜日はマンガ制作基礎となります。

2年目は、火曜日にデジタルコミック、木曜日はキャラ・背景テクニック実践、金曜日はマンガ制作実践となり1回あたり3時間の授業内容です。

次に漫画原作講座は、週1回2時間の夜間コースで、水曜日は18:00?、土曜日は15:00から授業が始まります。

このコースは全10回コースとなっており、漫画の物語の読解力を身につけ、物語をつくるためのセオリーを学べます。

次に漫画教室コースでは、年60回、月に4回のコースで、土曜日に10時もしくは17:30?、木曜日19:00?学べるコースです。

このコースでは、漫画家になるための知識・技術を学べるコースで、キャラクターの描き方や、プロとして活躍する漫画講師陣による本格的なカリキュラムの授業を受けることが可能です。

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院は、東京校・大阪校・名古屋校・福岡校の4校舎があり、週1から漫画を学ぶことができる専門学校です。

水曜夜間クラスは19:00?、日曜日の午前クラスは10:00?、日曜日の午後クラスは13:00?ありますので、社会人を続けながら空いた時間に漫画を学ぶことが可能です。

長年、アニメ・漫画などの教育実績のある代々木アニメーション学院だからこそできる、漫画家に必要なプログラムが魅力の1つで、経験豊富のプロの講師から指導を受けることができます。

漫画の学び方は、基礎的な知識・技術を学ぶことはもちろんのこと、実際に3ページの漫画を作成しながら、アイディアのまとめ方・ストーリの組立・原稿の描き方などを実際に手を動かすことで、効率的に学んでいけます。

漫画に必要な、歩く・走るなどの動作がある人物の描き方、透視図法を利用した建物の描き方、コマ割りやネームの作り方など漫画に必要な技術がしっかりと身につけられます。

まとめ

平日の夜や、土日に漫画家になるための授業を行っている専門学校は少なくありません。

しかし、カリキュラムがしっかりしていなければ漫画家になるための知識・技術は身につきません。

ここでご紹介した専門学校は、プロの講師が授業を行ったり、漫画家になるための技術が身に付くプログラムが組まれている学校ばかりです。

あなたのニーズに合わせて、あなたに1番あった学校を見つけてみてください。

漫画の専門学校に行きたいけどお金が!奨学金って漫画の専門学校にもあるの?

漫画の専門学校に行きたいけどお金が!奨学金って漫画の専門学校にもあるの?

勉強したいけれどお金に余裕がなくて、というのは大変に辛いことです。

特に漫画の専門学校など、特殊な技術を学ぶところでもありますし、卒業後の仕事自体が特殊です。

親の了解が得られなかったりすれば、学費などの工面は自分でしなくてはなりません。

奨学金制度って、ここにもあるのでしょうか。

奨学金制度って要は何

一言で言ってしまえば、学費などが充分に払えない経済状態の学生に、学費の補助や免除を与える制度のことです。

いくらと決まった額の奨学金を受け取る制度もありますし、全額免除などというシステムを取る学校もあります。

いずれにしても、学びたいけれどそのための資金が用意できない、充分にないという学生のためのお助けシステムです。

殆どの学校、大学や高校にもそして専門学校にもこれは用意されています。

奨学金を援助してくれる組織は様々ですし、学校によっても違いはありますが、かなりの額の援助がありますので、どうしてもという時には利用したいですね。

また日本ではあまりないんですが海外の場合、学校の雑用をすることで学費の軽減をというシステムもあります。

日本でも学校によって導入されていることがありますので、よく調べてみて下さい。

変わったところでは、卒業生や在学生に、当人の親や兄弟がいると特典がつくこともあります。

このシステムは個人教授などでも結構あるんですが、漫画の専門学校でも導入しているところもあるのが面白いところです。

奨学金って返済が必要なんだよね

実はこれいま問題になっていることですね。

奨学金を受けたのが元で、その返済で大変だという人が多いと、ニュースにもなりました。

このために奨学金を受けるのが怖くなった、と言う人もいないではありません。

もちろん奨学金の場合、返済するのが基本です。

卒業後分割でとか、卒業後何年以内に返済など決められています。

こうした返済の必要な奨学金は、それ専門の組織が出してくれるものです。

都道府県の奨学金制度や、日本学生支援機構などが代表的です。

無利子のところとある程度の利子がつくところがありますので、その点にも注意が必要です。

こうした奨学金の場合、返済の目処がつかない場合は利用は控える、もしくは多額に受けないことをおすすめしたいです。

返済したお金は次の奨学金として、次代の学生に貸し出されます。

そうした意味でも返済は、必須なのです。

漫画の専門学校にはどんな奨学金があるの

これは学校によって違いがありますが、代表的な所を見てみましょう。

日本学生支援機構や行政などの公の奨学金

奨学金制度と言えばこれです。

都道府県の奨学金制度や国も奨学金もですが、いわゆる公共の奨学金ですね。

受けられる率も高いですし、かなりの金額を補助してくれます。

なので学費がどうしてもという場合には利用はしやすいです。

漫画の専門学校の場合も、こうした公共の奨学金制度はまず導入していますので、いざという時には利用も考えたいですね。

ただこうした奨学金の場合、返済義務が伴います。

これが結構、社会に出てからの生活の負担になるというのは、近年のニュースで知っている人も少なくないでしょう。

それこそ、利用は計画的に、の見本になります。

特に漫画家という特殊職業に付く予定ですし、デビューできるかもちょっと不安です。

デビューできたとしても収入が一定であるとは言えない職業です。

その点はよく考えてから、利用してみて下さい。

その学校自体が設けている奨学金

漫画という専門職ですから、その技能に応じて奨学金を出してくれる学校もあります。

代表的なのは、AO入試で認められた時の特典です。

特典だけで終わる学校もありますが、時に授業料免除もしてくれる学校があります。

適性や熱意によって、と言う学校がありますので、学校を選ぶ時のポイントにするのがおすすめです。

また高校生対象のコンクールなどに入賞している場合、それに対する奨学金を用意してくれる学校もあります。

変わったところでは、遠隔地からの学生に対して授業料の一部免除とか、社会人学生への援助を行っている学校もあるんです。

こうした学校独自の奨学金や授業料免除の場合、返済義務のないものが多いので上手く利用したいですね。

きちんと利用すれば授業に専心できるので

親の了解があってしかも金銭面での不安がなければ、問題なく学校での授業も受けられます。

特に漫画などの専門学校の場合、集中力というものが必須です。

絵を描くにしろストーリーを考えるにしろ、集中しなくてなものになりません。

普通の学校のように、試験の時だけ勉強と言うわけには行かないのです。

この集中を妨げるものが、お金の問題です。

明日のバイトはどうしようとか、どうしても仕事であの授業が受けられないなどあっては、せっかく漫画の専門学校に入学しての勉強もままなりません。

学校でのこうした金銭的サポートは、上手く利用すれば授業に集中できる、それだけ未来への展望の開けると言ったメリットがあります。

その点も考えて、奨学金やサポートを受けてみてくださいね。

まとめ

奨学金制度自体は、義務教育以外の学校では受けることが出来ます。

もちろん漫画の専門学校でも、受けることは可能です。

ただ受けた後に返済というのも、奨学金の定めです。

先行きが不安定なのは漫画という特殊職業の場合、仕方ありません。

その点も留意して、奨学金の利用を考えていくといいでしょう。

漫画家になりたい人から選ばれている!専門学校へ通うべき理由を解説

漫画家になりたい人から選ばれている!専門学校へ通うべき理由を解説

将来は漫画家やイラストレーターになりたいという夢を持っているなら、専門学校に通うのが早道です。

漫画に特化した教育をみっちりと受けられますから、基礎から上達します。

そんな漫画の専門学校に通うべき理由について、紹介しましょう。

同じ目的を持った仲間と出会える

漫画の勉強は独学でもできますが、つい自分に甘えて長続きしないことが多いです。

専門学校に行けば周りはみんな自分と同じく、漫画家を目指している同士ばかりです。

お互いに話も合いますし、マニアックな話で盛り上がることもあります。

同じ目的を持った仲間と出会えて、友達もできると学校に通うのも楽しくなります。

挫折しそうな時でも仲間がいるという意識が働きますから、モチベーションを維持しやすいです。

ライバル心からもっとがんばれるようになる

自分よりも上のスキルや技術を持った人は、専門学校にはたくさんいます。

そんなライバルから触発されて、自分ももっとがんばって相手を追い抜きたいという気持ちも芽生えてきます。

いい意味での闘争心や競争心を持てるようになり、自分へ渇を入れて精進しやすくなります。

ねたみやひがみではなく、准筋にライバルを追い抜こうという気持ちが、向上心を高めてくれます。

基礎から順序立てて学べる

専門学校のカリキュラムにもよりますが、講義は初心者でも上達できるように基礎から教えてもらえます。

画力のアップ方法やデジタルソフトの使い方、ストーリーの考え方やコツなど、あらゆる知識や技術を学べます。

学生ではなかなかデジタルソフトは高くて替えませんから、学校でしっかり学んでおくのが大切です。

ステップアップしやすいようにカリキュラムが組まれていますから、徐々に上達して漫画家への道を極められます。

講師はその道のプロで経験豊富な人ですし、そんなプロの指導を受けられる機会は専門学校に通わない限りめぐってきません。

貴重な体験ができますし、スキルをどんどん身に着けていけます。

実践的なノウハウや考え方が身につく

漫画の専門学校では、色んな課題が提出されます。

1つ1つこなしていくことでどんどんスキルが磨かれて行って、技術が身についていきます。

課題の中には自分の作品を、出版社に持ち込みするという内容のものもあります。

いざ実際に漫画家を目指すようになった時には必要なノウハウを、現場で生で体験できてしまいます。

出版社から実際にフィードバックがもらえますし、今後の持込みに行かすことができます。

持ち込み課題でメンタル面も強化されますし、フットワークの軽い行動力の早さなども重要だと気づきます。

漫画家になるノウハウや考え方などを身につけることができて、卒業後も生かすことができます。

美大よりも専門学校がおすすめの理由

漫画家を目指す人で、美大など美術系の大学に進む人も多いです。

画力など絵そのものを描く技術は身につきますが、漫画に特化した技術はなかなか学ぶことができません。

画力などは独学で絵をたくさん描いていれば身についていきますから、あえて美大を目指さなくても大丈夫です。

美術系の大学は専門学校よりも学費が高いですし、美大を出て漫画家になれたという人はごく少数です。

専門学校なら漫画に特化したスキルをどんどん磨くことができて、プロの意見が聞けたり直接指導してもらえます。

上達しやすく最短コースで、漫画家への道を目指せるのがメリットです。

コネクションを作れてデビューのきっかけになる

専門学校の講師はプロの漫画家がやっていることも多く、実際の現場でのコネクションを持っています。

講師の先生と仲良くなれたら、漫画家のアシスタントなどの仕事が回って来る可能性もあります。

業界へのコネクションを築くことができますから、デビューが早まります。

専門学校出身の先輩と出会うことができて、在学中にちょっとしたお手伝いをできる場合もあります。

プロの現場を体験できたり、業界へのコネクションを作れるというメリットもあります。

専門学校のバックアップがもらえる

専門学校では生徒が漫画家としてデビューできるように、しっかりバックアップしてくれるところも多いです。

学校自体が業界に強いところだと、優秀な学生はデビューの後押しを受けられるなどの特典があります。

いわゆる大学の就職相談のようなもので、将来の道を探せるようにバックアップしてもらえます。

漫画化以外でもイラストレーターの会社に推薦してくれたり、デザイン会社に行けるようサポートしてくれるなど、サポート体制も整っています。

学校が出版社と提携しているケースもあり、技術のある学生が卒業後スムーズにデビューできるチャンスも待っています。

専門学校に入る前にしっかり調査して、卒業後に漫画家としてデビューしやすい学校を選ぶのもおすすめです。

まとめ

漫画家になるのは狭き門ですが、夢をかなえている人は実際にいます。

そんな手助けをしてくれる専門学校に通えば、色んなスキルや知識なども身についていきます。

狭き門の確率が上がりますから、実力をつけながらチャンスを狙える有意義な場所です。

漫画の専門学校を選ぶなら総合学園ヒューマンアカデミーがおすすめできる理由

漫画の専門学校を選ぶなら総合学園ヒューマンアカデミーがおすすめできる理由

プロの漫画家を目指さている方は必ず漫画の専門家に行くと思います。

関西や関東にはたくさんの専門学校があるので、どこの学校を選んでいいのかわからないですし各学校によって実績も勉強も講師も全然違ってきます。

そこで総合学園ヒューマンアカデミーのおすすめできる理由をまとめてみたので、参考にしてみてください。

総合学園ヒューマンアカデミーとは

業界最先端の授業をしている専門学校としてしられており、生徒一人一人の心を育てながら技術を磨く業界密着型の専門学校になります。

夢や目標そしてやる気のある学生がこの学校で勉強することで、スキルだけでなく企業の方が求めている能力を備えて漫画業界の一線で羽ばたけるようにという思いで授業をされています。

総合学園ヒューマンアカデミーのおすすめポイント

教育理念

どんな教育の形を求めているのかはその時代によって全く違ってきますが、それを常に追求しながら生徒の育成をされています。

総合学園ヒューマンアカデミーが開校してから常に業界の最先端を、意識しながら教育をされているので、勉強する生徒はなりたい自分になることが出来るそうで、学習環境の実現に力を注いでいます。

教育の特色

一人一人が常にベストな選択ができるように学生本位の環境を整えているのも総合学園ヒューマンアカデミーの特徴で、自分だけのオリジナルのブランドを作るだけでなく、自分自身がブランドになれる学校です。

なりたい自分になるために自分のブランド化は必要ですが、それに必要な専門のスキルだけでなくプロ意識まで、しっかり身につける事ができます。

生徒の理解度をたかめるために少人数制の授業を採用しており、1人1人のペースに合わせた高品質な指導をしています。

会社が運営する学校

株式会社が運営している学校の事をカンパニースクールといいますが、この学校ではプロの講師を学校に招くことに支障がでたり、業界の変化にいち早く対応するカレッジや専攻編成が難しくなる学校法人許可を申請していません。

色んな企業と連携しながら、業界の内側をしっかり見るスタンスの教育機関として、最先端を見てそれにあった教育をしてきました。

認可されている学校ではないですが、卒業生が業界で活躍されていることもあり、企業や先生、そして保護者からと評価の高い学校になります。

業界と強い連携体制を組んでいるそうで、数多くの実践体験を実現している漫画の専門学校です。

ISO29990を認定取得

これは高品質な学習サービスを提供しているかどうかの基準となる国際規格になっており、日本にある全日制の専門教育機関としては初めてこの学校が取得しました。

プロの漫画家になるという夢や目標をもった学生の方がしっかりと勉強に専念できます。

15のカレッジと63の専攻コース

カレッジだけでなく63ものに専攻コースがあるので、色んな専門的スキルを勉強することができるとできます。

カレッジでは大きく言うと漫画だけでなくイラストやIT、ミュージカルなどがあり、さらにそこから細かく漫画専攻やイラスト専攻、映像制作専攻などの細かい分野があります。

業界トップのクリエイターやセミナーそしてイベントも豊富ですし、業界との繋がりも多いです。

進路決定率は100%

たくさんのジャンルを勉強できる学校であっても希望の進路に就職できなければ漫画の専門学校に行く意味がありません。

ですが、総合学園ヒューマンアカデミーでは進路決定率が100%と言われており、求人も年間を通して1600件以上です。

今まで勉強して書こたことを生かした進路や職業に向かうことができます。

それだけでなくプロの方からの指導とサポートもしっかりしているので、あなたにあったカリキュラムを提案してくれますし、アドバイスを受けることが出来るので、ぴったりの進路を見つけられます。

segaや毎日新聞なも大手の企業からの求人も多数あります。

選べる学習スタイル

全日制以外に夜間や通信、の他週末だけの講座や海外留学のコースまで取り揃えています。

全日制の方が授業をしっかり受けられますし、回数も多いですが、既に違う仕事笑されている方なら仕事をしながら勉強したいという方もいると思います。

そんな方には週末やら夜間の講座でスキルアップできます。

学校が全国に15校ありますが、海外留学や夜間、通信に全ての学校が対応しているわけではないので、予め問い合わせをしておくと後々困ることはないです。

スチューデントサポート

入学前から卒業するまで一貫指導をしており、長期に渡り一人一人をバックアップする体制が整えられています。

入学予定者の方に入学前教育の実施をしたり、在学中の学習だけでなく、生活のサポートまでされています。

卒業してからもキャリアアップのためのサポートもしているので、安心です。

幅広い年齢層がいるからこそ刺激し合える

中学を卒業した方や社会人として社会経験をされた方まで幅広い年代の方が在籍しているため、色んな個性とキャリアを持った方が在籍しています。

お互いに刺激しながら勉強を通して柔軟な思考力であったり、感性だけだなくコミュニケーション能力も身につける事ができます。

まとめ

総合学園ヒューマンアカデミーはコースやカリキュラムなどしっかりとした漫画の専門学校になります。

学校はそれぞれ合う合わないがあると思いますが、ヒューマンアカデミーはカレッジも専攻コースも豊富に揃っているので、自分にぴったりの分野を勉強できます。

徹底的に勉強してプロの漫画家としてデビューできるような学校になります。

企業との連携やサポート体制だけでなくセミナーなど業界最先端の教育を受けられるのでおすすめです。