漫画家になりたい人から選ばれている!専門学校へ通うべき理由を解説

将来は漫画家やイラストレーターになりたいという夢を持っているなら、専門学校に通うのが早道です。

漫画に特化した教育をみっちりと受けられますから、基礎から上達します。

そんな漫画の専門学校に通うべき理由について、紹介しましょう。

同じ目的を持った仲間と出会える

漫画の勉強は独学でもできますが、つい自分に甘えて長続きしないことが多いです。

専門学校に行けば周りはみんな自分と同じく、漫画家を目指している同士ばかりです。

お互いに話も合いますし、マニアックな話で盛り上がることもあります。

同じ目的を持った仲間と出会えて、友達もできると学校に通うのも楽しくなります。

挫折しそうな時でも仲間がいるという意識が働きますから、モチベーションを維持しやすいです。

ライバル心からもっとがんばれるようになる

自分よりも上のスキルや技術を持った人は、専門学校にはたくさんいます。

そんなライバルから触発されて、自分ももっとがんばって相手を追い抜きたいという気持ちも芽生えてきます。

いい意味での闘争心や競争心を持てるようになり、自分へ渇を入れて精進しやすくなります。

ねたみやひがみではなく、准筋にライバルを追い抜こうという気持ちが、向上心を高めてくれます。

基礎から順序立てて学べる

専門学校のカリキュラムにもよりますが、講義は初心者でも上達できるように基礎から教えてもらえます。

画力のアップ方法やデジタルソフトの使い方、ストーリーの考え方やコツなど、あらゆる知識や技術を学べます。

学生ではなかなかデジタルソフトは高くて替えませんから、学校でしっかり学んでおくのが大切です。

ステップアップしやすいようにカリキュラムが組まれていますから、徐々に上達して漫画家への道を極められます。

講師はその道のプロで経験豊富な人ですし、そんなプロの指導を受けられる機会は専門学校に通わない限りめぐってきません。

貴重な体験ができますし、スキルをどんどん身に着けていけます。

実践的なノウハウや考え方が身につく

漫画の専門学校では、色んな課題が提出されます。

1つ1つこなしていくことでどんどんスキルが磨かれて行って、技術が身についていきます。

課題の中には自分の作品を、出版社に持ち込みするという内容のものもあります。

いざ実際に漫画家を目指すようになった時には必要なノウハウを、現場で生で体験できてしまいます。

出版社から実際にフィードバックがもらえますし、今後の持込みに行かすことができます。

持ち込み課題でメンタル面も強化されますし、フットワークの軽い行動力の早さなども重要だと気づきます。

漫画家になるノウハウや考え方などを身につけることができて、卒業後も生かすことができます。

美大よりも専門学校がおすすめの理由

漫画家を目指す人で、美大など美術系の大学に進む人も多いです。

画力など絵そのものを描く技術は身につきますが、漫画に特化した技術はなかなか学ぶことができません。

画力などは独学で絵をたくさん描いていれば身についていきますから、あえて美大を目指さなくても大丈夫です。

美術系の大学は専門学校よりも学費が高いですし、美大を出て漫画家になれたという人はごく少数です。

専門学校なら漫画に特化したスキルをどんどん磨くことができて、プロの意見が聞けたり直接指導してもらえます。

上達しやすく最短コースで、漫画家への道を目指せるのがメリットです。

コネクションを作れてデビューのきっかけになる

専門学校の講師はプロの漫画家がやっていることも多く、実際の現場でのコネクションを持っています。

講師の先生と仲良くなれたら、漫画家のアシスタントなどの仕事が回って来る可能性もあります。

業界へのコネクションを築くことができますから、デビューが早まります。

専門学校出身の先輩と出会うことができて、在学中にちょっとしたお手伝いをできる場合もあります。

プロの現場を体験できたり、業界へのコネクションを作れるというメリットもあります。

専門学校のバックアップがもらえる

専門学校では生徒が漫画家としてデビューできるように、しっかりバックアップしてくれるところも多いです。

学校自体が業界に強いところだと、優秀な学生はデビューの後押しを受けられるなどの特典があります。

いわゆる大学の就職相談のようなもので、将来の道を探せるようにバックアップしてもらえます。

漫画化以外でもイラストレーターの会社に推薦してくれたり、デザイン会社に行けるようサポートしてくれるなど、サポート体制も整っています。

学校が出版社と提携しているケースもあり、技術のある学生が卒業後スムーズにデビューできるチャンスも待っています。

専門学校に入る前にしっかり調査して、卒業後に漫画家としてデビューしやすい学校を選ぶのもおすすめです。

まとめ

漫画家になるのは狭き門ですが、夢をかなえている人は実際にいます。

そんな手助けをしてくれる専門学校に通えば、色んなスキルや知識なども身についていきます。

狭き門の確率が上がりますから、実力をつけながらチャンスを狙える有意義な場所です。