漫画の専門学校のオープンキャンパスって行ったほうが良いの?

オープンキャンパス、これ専門学校や大学で催しているアある種のデモンストレーションです。

その学校を紹介するのに、これほどいい機会はありません。

なので近年盛んに催されています。

漫画の専門学校でもこのオープンキャンパス、かなり頻繁に行われていますね。

何によらず見て感じて触っては大事

通販などで便利にものが購入できるようになり、その品物に触れずに購入という形、多くなりました。

しかし実際に何かを購入する時など、やはり実際に見てその品物に触って感触も実感、そして購入したいと考える人は今でも多いのです。

学校なども同じことですね。

考えてみればネットなどで、簡単に情報が取れる時代です。

特にその学校に行って見て回る必要など内容にも思えます。

しかし特に学校の場合、そこに入学したら卒業までお世話になるわけですし、そこの機材を使って学ぶことにもなります。

そこの教師いかんで、学校生活が楽しくもなりますし、ちょっといささかになることもあります。

やはり自分の目で見て、というのは大事ですね。

ネットの文字や写真だけでは、その空気は感じられません。

いい学校とか施設の場合、そこに行っただけで気持ちも良くなる、施設内の空気が良いというのも感じられるのです。

できれば実際に行ってみたいものですね。

特に漫画の専門学校の場合

もちろんその学校でも同じことですが、漫画の専門学校のような特殊技術職になりたくての学校入学の場合、設備などは自分の目で見ておきたいものです。

特に漫画など最近デジタル化が著しく、しかもソフトもどんどんと新しいものがでています。

独学だけでは追いつけない最新技術、これを導入してくれる学校を、どうせ入学するなら選びたいものです。

そういった気風がきちんとある学校なのかどうか、文字だけでなく自分自身で確認したいですよね。

なので漫画の専門学校などの場合特に、オープンキャンパス参加はおすすめなのです。

単にウロウロするだけでなく、何かの目的を持っていけばかなり入学前のその学校の情報を得ることが出来ます。

例えば、学校の備品のコンピューターに最新のソフトがインストールされているかも、これも確認しておきたいですね。

また当日に顔を合わせる在学生たちの雰囲気、これも大事です。

気持ちよく学べている場合、学内の雰囲気がやはり明るく良いものになっています。

そうでない場合は、まあ逆になっているということです。

こうしたことは単に学校案内だけでは受け取れないものです。

近くにお目当ての漫画の専門学校があった場合、ぜひオープンキャンパスに参加しておきたいですね。

地方の場合も、学校によっては参加に交通費補助など出る場合もありますので、学校側に問い合わせてみて下さい。

どんなところが目の付け所オープンキャンパス

ではオープンキャンパス参加の場合、ここは抑えておきたいというところを見てみましょう。

AOエントリーがあったらまず参加を

AO入試を導入している学校の場合、エントリーフォームなどをオープンキャンパスの時に受けることが出来ます。

AO入試での入学の場合、特典が多いのでこれはぜひ受け取っておきたいですね。

この学校良いんじゃない、と思ったらまずこれをゲットしておきましょう。

入試から入学、場合によっては在学中にも大きな特典が付く可能性があります。

体験授業は参加しておこう

まあこの体験授業は、普段の授業と完全に同じなのかはちょっと疑問ですね。

やはり特殊な、入学するかもしれないと言うお客さんを相手にしているので、普段の授業と完全に同じという保証はありません。

でもその学校での授業の雰囲気は味わえますし、コンピューターに最新のソフトが入っているかもわかります。

授業で使える機材も確認できますね。

入試や学費の説明会も参加を

楽しみに来たのにお固い話は、と思ってしまうかもしれませんがこれは大事です。

入試の費用にしても、授業料にしても親がかりの場合、ここをしっかりと抑えておいて親にも説明する必要があります。

またAO入試制度の説明や、入試内容に願書の書き方などの説明もしてもらえます。

願書書くのなんて初めてと言う人は、参加しておくのがおすすめです。

もし親も参加できるオープンキャンパスなら

学校によっては親の参加も歓迎というオープンキャンパスもあります。

そういった場合、保護者連れなんてと言わずに、一緒に参加してみて下さい。

実際のところ親がスポンサーの場合、こうした学校なんだから安心して学べる、授業料を出してもらうだけの授業が用意されていると説明出来るチャンスです。

自力での授業料支払いの場合はまあ特に親を連れてくる必要もないでしょうが、スポンサーとしての親には納得してお金を出して欲しいものですね。

親の参加歓迎のオープンキャンパスがあったら、是非一緒に参加しましょう。

まとめ

漫画の専門学校というのは、本当に特殊技能を学ぶための学校です。

なので専門の機材なども必要になってきます。

そうした所もチェックが出来るオープンキャンパスは、事前に参加しておくのがおすすめです。

学校の雰囲気を掴むだけでも、参加する意味が充分にあるのです。