これから漫画家を本格的に目指したいと考えている人は、漫画を本格的に学べる専門学校をお探しの方も多いのではないでしょうか。

関東には、漫画からアニメーションまで幅広く学べる専門学校が多数、存在しています。

専門学校を選ぶ際には、あなたの目標とニーズを明確にした上で、その目的にあった専門学校を選ぶことが大切です。

関東でおすすめの漫画専門学校4選

関東の漫画専門学校の中でも、プロとして活躍するためのカリキュラムや環境が充実している専門学校を厳選して4校ご紹介していきます。

それぞれの専門学校は、プロを育てるためのプログラムが組まれていますが、それぞれの学校に特徴があります。

その特徴を知ることで、あなたに1番合った学校を選ぶことができますので、参考にしてみてください。

専門学校の選び方などはこちらのサイトが分かりやすいので参考にしてみて下さい⇒「私が絶対おすすめするイラスト・アニメ・デザイン専門学校・通信講座ランキング」

東京デザイナー学院

本気で漫画家デビューを目指すことができる2年間で基礎からプロとして必要な技術を学べる専門学校です。

専攻は3つあり、マンガ専攻、デジタルマンガ専攻、マンガストーリー専攻があり、ただ単に絵が描けるようになるだけでなく、読者に「読ませる」ストーリーの作り方も身につけられます。

まず、マンガ専攻では、漫画をつくる前に必要な「企画」の出し方・作り方を学ぶところから始め、作画方法など漫画を描くために必要なスキルを学びます。

次に、デジタルマンガ専攻では、今の時代には欠かせないWEB上の漫画をつくるためのPCの技法や、作画を最新の機材や設備を使いながら学ぶことができます。

最後に、マンガストーリー専攻では、自分が実際にテーマを考えて、どうすれば読者に分かりやすく伝えられるのか、面白く表現できるのかを学んでいきます。

なお、実習では、マンガ学科が刊行しているオリジナルのマンガ誌「TOKYO BUONO(トーキョーボウノ」に掲載する漫画を作成し、読んだ人に評価を受けて、生徒たちがプロになるための作品を作っていきます。

日本電子専門学校

日本電子専門学校では、アニメーション科2年とアニメーション研究科3年の2つから選ぶことが可能です。

アニメーション科2年では、作画や動画を中心に、即戦力になるために必要な力を2年間で習得していきます。

授業では、デッサンなどを通して確かな手書きのデッサン力を身に付けながら、動画としての表現力を学んでいきます。

アニメーション研究科3年では、アニメーターだけではなく、アニメ業界のあらゆる仕事に対応できる知識・技術をしっかりと身に付けていくことが可能です。

手描きはもちろんのこと、最終的に映像を出力するまでの、全工程を学ぶことができるので、業界が求める人材になることを目指せるコースです。

音声編集スタジオ(MAルーム)が完備していますので、アニメーション制作のBGM、アフレコなどの音声編集などが行えるスタジオを完備し、実際の現場と同じような環境を学ぶことが可能です。

東京工学院専門学校

東京工学院専門学校では2年間で、漫画・イラスト・デッサン、そしてCGまでプロクリエイターとして必要な技術・スキルを身につけることができます。

まず、1年目には、基礎の画力を上げる授業が行われ、2年目は応用過程となり、インターシップや企業への持ち込みがスタートします。

そのほか、持ち込み時の指導や、コンテストへの参加など、実際に漫画家、プロのクリエイターとして活躍するための実践的なカリキュラムが用意されています。

なお、定期的にプロの漫画家・イラストレーターの講義を実施していますので、先生の生の原稿を見ながら、レクチャーを受けたり、先生の実際の体験談などを聞くことができます。

そのため、より、プロとして活躍するイメージを持てるようになることでしょう。

東洋美術学校

東洋美術学校は、創立70周年以上の歴史のある専門学校です。

東洋美術学校では、イラストレーション科2年、マンガ科2年、Webデザイン科1年コース、クリエイティブデザイン科4年などがあります。

設立時より美術を教えてきた学校だけに、独自の教育カリキュラムで、多くのプロを輩出してきました。

マンガ科2年では、将来、業界デビューを果たすことを最終目的としてカリキュラムが組まれていますので、「マンガ賞」への投稿の作品を主軸としています。

1年目は、マンガ制作に必要なソフトの基本操作・ペンやトーン・コマ割り・ストーリーの作り方などの漫画の基礎を徹底的に学んでいきます。

2年目からはより実践的になり、マンガ賞への投稿の作品制作を主に行いながら、個人指導が中心となります。

2年目からは学生でありながらも、本格的にプロとして活躍するための授業・出版社への売り込みとなります。

なお、漫画雑誌の編集者が、作品を添削したりアドバイスをする出張編集部も実施していますので、本格的にプロを目指して学べる環境が整っている学校です。

まとめ

ご紹介してきた4つの専門学校では、本格的にプロの漫画家・アニメーターを目指すことができます。

実際に作品を制作してコンテストに応募したり、持ち込みをする学校も少なくありません。

学生時代から、プロになることをしっかり意識して学べる学校ばかりですので、あなたの目的やニーズに合った学校を比較・検討して選びましょう。